オーストラリアの山火事(森林火災)の原因は?被害の規模はどのくらい?寄付金は?2020.1.7

【オーストラリアの山火事(森林火災)の原因は?被害の規模はどのくらい?寄付金は?2020.1.7】

テレビやネットニュースなどで知っている方も多いと思いますが、

オーストラリアでは2019年9月ごろから南東部を中心とした大規模な森林火災が続いています。

2020年1月5日時点で犠牲者の数が23人に上っているほか、1500棟を超える住宅が全焼しているそうです。

火災の原因は何なのか、一体なぜこれほどまでに山火事が深刻化しているのかについて、さまざまなメディアが報じています。

そこで今回は、

「オーストラリアの山火事(森林火災)の原因は?被害の規模はどのくらい?寄付金は?2020.1.7」

について詳しく調査したいと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアの山火事(森林火災)の原因は?2020.1.7

オーストラリアの山火事(森林火災)の出火原因について、自然発火によるものと人為的なものの2種類があると言われています。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。
 

自然発火によるもの

干ばつと少雨

自然発火が出火原因だとされるのは数百年来ともいわれる大干ばつ、加えて2019年の記録的な高温と少雨が原因だと言われています。

気象局によると、昨年一年間のオーストラリア全体の最高気温の平均は30.69℃で観測史上最高であったほか、

平均年間降水量は277.63ミリと観測史上最低を記録したということです。

また暑さは今年に入っても続き、4日にはシドニー郊外で48.9℃、シドニー空港でも43.3℃まで気温が上がりました。

このような天候の影響等により、本来は夏の12月から始まる山火事シーズンが、2019年は異例に早く春から始まったのです。

出典:Yahoo!ニュース

このような干ばつ、記録的少雨で超乾燥しているところに火花が散るとすぐに発火してしまうようです。

ユーカリの葉

さらに、オーストラリアにはユーカリの葉が多く茂っています。

パンダの餌として有名なユーカリの葉ですが、実はこれが非常に燃えやすい葉なんですね。

このユーカリの葉に火が燃え移ったことが火災被害拡大の原因の一つと言われています。

人為的なもの

驚くことに、火災の原因に人為的なものもあるということがあるそうです。

訳:警察は、現在、放火魔に山火事の時期に起こった破壊的状況の大部分の責任があるという前提で調査をしている。
突撃部隊は火災が故意に放火されたものであるかどうか調査し、その火災を引き起こした者達に法の裁きの責任をとらせるつもりだ。

調べてみたところ、オーストラリアの警察当局は、史上最悪と言われる森林火災を意図的に発生させた放火の容疑で、合計182名を逮捕したそうです。

182名!?多すぎでは、、、

なんと、オーストラリアでは毎年のように放火魔が絡んだ山火事が起こっているそうです。

森林火災および放火に関する国立研究センターのポール・リード博士によると、

森林火災のおよそ85%が人為的に発生している。この数には、意図的なものと誤って火災を発生してしまう場合の両方が含まれている。

「約85%(の山火事)は人為的な活動に関連しており、13%は確実に放火、そして37%は放火が疑われている・・・残りは無謀な点火か、子供による火遊びが原因であることが普通である」

と同博士は語っています。

火遊びはオーストラリアの文化なのでしょうか?

全否定はしませんが、あまりいいものではない気がします(^^;)

スポンサーリンク

オーストラリアの山火事(森林火災)被害の規模はどのくらい?2020.1.7

昨年から続いているオーストラリアの火事ですが、被害規模はどのくらいなのでしょうか?

火災の規模

年を越し、なおも山火事の被害が深刻化しているオーストラリア。

その焼失面積が500万ヘクタール以上にも及んでいるようです。

これは九州と四国を合わせた面積にほぼ相当し、昨年の南米アマゾンの森林火災のおよそ5倍に匹敵します。

これまでのところ23人が死亡1,500軒以上の建物が焼けたと伝えられています。

動物への犠牲も甚大なものとなっています。

ニューサウスウェールズ州のミッドノースコーストと呼ばれるエリアでは、

その地域の全コアラの30%に当たる、8,000頭が焼死した可能性があるようです。

またシドニー大学によると、山火事により犠牲になった鳥、動物、爬虫類の総数は、

オーストラリア全土で4億8,000万にも及ぶ恐れがあるとのことです。

想像を絶する数に、ただただ胸が痛む思いです。

山火事の影響は大都市にも及んで、首都キャンベラの大気汚染レベルは世界で最悪となり、

山火事の煙が病院内に入り込んだために、MRIが故障したとも伝えられています。

現在もニューサウスウェールズ州とビクトリア州では130件を超える山火事が続いています(4日時点)。

九州+四国分の面積って...

凄まじいですね...

深刻な大気汚染

火災に伴い発生しているのが深刻な大気汚染問題です。

森林火災が起きている周辺地域では一酸化炭素や有毒ガスの濃度が上昇しているそうです。

(CNN) オーストラリア南東部ニューサウスウェールズ州の同国最大都市シドニーで10日、郊外の山火事による大気汚染が悪化し、一部地域では「危険」とされるレベルの11倍にも達した。

ロイター通信によると、州環境衛生当局の責任者はここ1カ月の煙害について「前例のない」規模だと語り、住民の健康被害に懸念を示した。

同責任者によると、多くの住民が目の痛みや鼻、のどの不快感を訴えている。特に持病のある人や幼い子ども、高齢者が危険にさらされているという。

シドニー市内ではオペラハウスやハーバーブリッジなど、観光名所も濃い煙に覆われた。火災報知器の誤作動が相次ぎ、シドニー湾のフェリーは欠航となった。

ソーシャルメディア上の投稿によると、一部の学校では建物に煙が入り込み、子どもたちを早退させた。

引用:https://www.cnn.co.jp/world/35146710.html

大気汚染は非常に辛いですね。

それが原因で病気にならないか、非常に心配です(^-^;

超高温

1月4日にオーストラリアでとんでもない気温が観測されたそうです。

ビクトリア州カブラムーラで4日(土)に記録された気温は、なんと69.8℃です。

午後4時9分32.5℃→4時22分50.9℃→4時30分69.8℃まで上昇しました。

69.8℃Σ(・ω・ノ)ノ!!?

猛暑日の2倍じゃないですか...

熱中症どころじゃないですね。

スポンサーリンク

オーストラリアの山火事(森林火災)寄付金は?2020.1.7

これだけの大規模な火災で、世界中から寄付金が集まっているようです。

被災コアラのための募金が100万豪ドル突破

ポートマッコリー・コアラ病院(Port Macquarie Koala Hospital)は

「森林火災で被災して喉が渇いたコアラたちを助けよう」と呼び掛け、

野生のコアラ用の自動給水所を設置する資金を調達する募金をクラウドファンディングサイト「ゴー・ファンド・ミー(GoFundMe)」

を立ち上げ、2019年11月21日に国内外の2万人以上から100万オーストラリア・ドルの寄付金を集めたそうです。

セレステ・バーバーさんが2000万豪ドルを集める

オーストラリアのコメディアン、セレステ・バーバーさんはなんと

48時間で2000万豪ドル(日本円で約15億円)の支援金を自身のフェイスブックで集めたそうです。

すごいですね^^

寄付したらヌード写真を送ります、1億円を集める

「寄付をしたらヌード写真を送ります」とTwitterでツイートしたヌードモデルが今話題になっています。

投稿したのはロサンゼルスを拠点に活動する「裸の慈善活動家」Kaylen Wardさん(20)です。

話題になっているのは彼女が1月4日(日本時間)にツイートした以下のツイートです。

このツイートは瞬く間に拡散され、支援金の総額は1月7日現在(日本時間)約1億円に達しました。

一方で、Kaylen Wardさんのインスタグラムは性的な描写が規則違反に該当するとのことで、アカウントをBANされてしまったそうです。

さらに、家族や身近な人からも批判を浴びたそうですが、このことについてKaylen Wardさんは、

でもクソくらえだわ、コアラを救うんだから

But fuck it, save the koalas.

と答え、さらに活動していくようです。

コアラを救いたいという強い信念からの行動なんでしょうね。

賛否両論あると思いますが、私は個人的に支援に繋がるので頑張ってほしいと思います^^

スポンサーリンク

「オーストラリアの山火事(森林火災)の原因は?被害の規模はどのくらい?寄付金は?2020.1.7」まとめ

今回は、

「オーストラリアの山火事(森林火災)の原因は?被害の規模はどのくらい?寄付金は?2020.1.7」

について、詳しく見てきました。

オーストラリアの山火事の原因は干ばつと高温、少雨からなる自然発火によるものと、放火による人為的なものがあるようです。

被害規模は焼失面積が500万ヘクタール以上、23人が死亡、1,500軒以上の建物が焼けたと伝えられています。

また、大気汚染の問題も深刻なようです。

寄付金はクラウドファンディングやコメディアン、さらにはアメリカで活動しているモデルなど様々な方の活躍で

何十億円もの寄付金が集まっているようです。

まだまだ鎮火の見込みがないといわれているオーストラリア火事ですが、一日でも早い鎮火を心から願います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク